国際ソロプチミストとは

女性の国際的なボランティア奉仕組織で、地域社会と世界中の女性と女児の生活を向上させるための奉仕活動をしている。国際ソロプチミストの目的は女性と女児のために

社会的・経済的なプログラムを通じてエンパワーメントをもたらすことです。
国際ソロプチミストは、理解促進、提唱、活動を通して、女性のグローバル・ボイスになるよう努力している。また、地域、国内、国際社会に奉仕し、社会のあらゆるレベルの意思決定に積極的に参加するということに専念している。

 

区域を地理的に区分し、28のリジョンを設けています。
現在1,275
クラブ29,298名の会員が、連盟区域内の20の国と地域で活躍しています。(2016年5月31日現在)

日本5リジョン493クラブ10,396名  日本西リジョン96クラブ1,998名(2018年8月15日現在)

 

Soroptimistの名称は
ラテン語の「Soror(姉妹)」と「Optima(最善)」からなり、

”女性にとっての最善のもの”を意味します。

 

組織図

国際ソロプチミストの歴史

1921年 カルフォルニア集オークランドクラブが80名の会員で誕生しました

1924年 英国ロンドンでソロプチミストクラブが認証されました

1948年 国際ソロプチミスト協会がユネスコ協会団体として認可されました

1960年 日本で初めてのクラブ、東京ソロプチミストが認証されました

1976年 日本リジョンが誕生しました

1986年 日本リジョンが5分割され、日本西リジョンがスタートしました